物性推算法とは

東京理科大学 教授 大江修造

  我々は物に囲まれて生活している。これらの物の性質すなわち「物性」を良く知っておくことが、生活していく上で重要なことは言うまでもない。化学物質の「物性」と呼ばれる物理化学的諸性質は凡ゆる工業の分野で必要な事も言うまでもない。物性は便覧などに数値データとして収録されていて,各種便覧が出版されている.しかし,便覧には限られた物質の,最も利用頻度の高いデータに限定されて記載されていることが多く,具体的な問題の解決には直ちに役立つとは限らない。

  各工業とも技術の進歩が激しく,地球環境の維持などにも,従来にない条件下における化学物質の物性データが必要となっており,何らかの方法によりそのデータを入手する必要に迫られている.このような要求に応えるべく誕生したのが「物性推算法」と言う学問分野であり,理学及び工学の各専門分野の学際的領域をカバーしている学問と言えよう.すなわち,物理化学の理論に立脚して工学分野の要求に対応すべく,「物性」を計算のみにより求める学問分野「物性推算学」と言う手法が,此の約40年の間に確立された.

  例えば,物理学や化学で殆ど論じられることのない原子団寄与法は物性推算にとり強力な手法であり,今や,殆どの物性の推算に応用されている.あるいは,対応状態原理は理論的には古くに証明された原理であるが,物性推算に応用されるようになったのは,やはりこの40年来のことである。すなわち,物理化学の理論に立脚する方法,原子団寄与法および経験的な方法である.ただし,物性推算の新しい方法として,分子シミュレーションに期待が寄せられてはいるものの,未だ,実用の域には達していない.

大江修造著 「物性推算法」

本書「物性推算法」の特色

  1. 化学工学で必要な純物質および混合物の物性の推算法を網羅
  2. 本書は我が国において最も広く読まれている物性推算法の専門書であり、著者は「物性推算法」の名付け親である。類書として米国の"The Properties of Gases and Liquids"がある。しかし、本書に記載の蒸気圧の推算法や気液平衡の推算において最も重要なWilson式の定数の適用範囲や多成分系への応用の信頼性などについての記載はない。
  3. 1068物質の基本データ(融点,沸点,臨界定数,偏心因子)を掲載

「物性推算法」のお問い合わせはこちら

© 大江修造、2016

関連リンク

蒸留・蒸気圧・気液平衡・物性推算 化学工学で必要な物性データとプログラム         

蒸気圧の計算 主要な100物質の蒸気圧を計算

気液平衡計算1 代表的な系の計算
気液平衡計算2 一般的な系を非理想溶液として計算

マッケーブ・シール法1理想溶液の理論段数を計算
マッケーブ・シール法2非理想溶液の理論段数を計算