米国化学工学会2003年春季年会の様子

平成15年3月30日−4月4日,ニューオルリーンズ 

 

蒸留のセッションは会期中(3月31日ー4月3日)連日開かれ

しかも、殆どすべてキスター氏が座長であった。

 

 Bravo氏に対して質問をGX,Chen氏がしている。一つの発表に2−3人多いときは

5−6人の質問者があり、最後にキスター氏のコメントで締めくくられた。

 

4月2日午前中のセッションの座長のキスター氏と第1、2登壇者

 

左はFRIの前技術担当重役のクニッシュ博士 

右は現FRIの技術担当重役のGX,チェン博士 

 

 

左はFRI社長のディーム博士

 

左後ろ向きはFRIのトニー博士 

 

 

Tak Yanagi氏と友人

 

会場の1階にある食堂にて

 

ニューオルリーンズの名物、蒸気観光船

所用時間約2時間、3000円程度、1日2−3回運行

 

 

UOPのコーラー氏に招かれて

コーラー氏は自宅にワインセーラーをお持ちとか

 

さくらさくらを歌ってくれた、スキヤキは残念ながらご存知でなかった。

 

ニューオルリーンズの中華料理店にチェンさんのお招きいただいた。

 

ニュオルリーンズ名物フランベーを作っているところ。

バナナにお酒をかけて炒めます。何とも言えずいい味がします。

 

レストランにて牡蠣を若林さん、中條さん、Yanagiご夫妻と味わいました。

 

トップページに戻る